Katze770のLABO

気になったことを自分なりに書いてみるブログ兼実験室です。

交通の自由か自動車優勢社会か

日本全国に道路が張り巡らされています。外出をするのに道路を使わないという方は殆どいらっしゃらないでしょう。道路は国民全員の大切な財産であるので独り占めは決して許されません。

 

私は自家用車を所持していないので、移動は主に自転車でします。自転車は本来、車道の左端を走ることになっていますが、車道を走行しただけで怒られる方もいるということを聞くと嫌な気持ちになります。

 

歩行者目線になりますと、歩道をただ歩いていただけで突然ベルを思いっきり鳴らされることも聞いたことがあります。実際に駅から目的地へ歩くと自転車にはねられないか不安になります。なぜかネット上にはこの手の情報があまり上がらない。

 

全世界、地球の文明に言えることですが、交通というものをバカにしている気がしてならないのは私が自家用車を持っていなくて、周りに対する僻みなのか? にしても人類の便利さを満たすこと、お金稼ぎなどなどのために多くの犠牲者が出ようとも“自家用車“というものを減らさないことに私は怒っています。私のような人間を極端な人間として変人扱いする輩までいます。このままではキャパシティを超えます。

 

皆さんは疋田智さんをご存知でしょうか? “自転車ツーキニスト“といえばこの方です。私は会社を辞めるまで自転車通勤をしていたことがあります。自転車という乗り物は案外速いです。しかしながら、その速さを活かしきれないことがあります。交通に関する法律というものは自動車ありきで作られているが故に、自転車の本領を発揮できない場合が多々あります。

 

自動車と自転車または歩行者と完全に分離できないか? 信号機を見ていると無駄に感じる機会がとても多いです。確かに自動車は自転車ほどすぐには止まれませんし、躯体も大きいために無闇に速く走らせると死亡事故が多発します。かえって自転車はどうでしょうか? 全方位視界を向けることが容易い。20km/hほどであれば自動車と比べて段違いに急に止まれる。それでも暴走兵器になることもあるので注意は欠かせない。

 

今後も疋田智さんのような方々が増えてくれることを祈る私であります。

それではまた

電力の逼迫か

こんにちは

 

皆さんは“電気“というと何を想像されますか?

考えることは十人十色さまざまでしょう。電気のおかげで現代文明が高度化したわけですが、連日、電力の使用が90%台の後半を記録していて果たして大丈夫か?と。

 

 

我が国は発電用の資源が乏しいために再生可能エネルギーが欠かせないということは中学生のときに学んだのではないでしょうか?

 

現在は日本の各地にメガソーラー発電所が造られましたが、それでも発電に占める割合は低いです。太陽光発電発電効率が悪いですし、梅雨や冬の日本海側ですと絶望的です。

 

風力発電は安定して風が吹き続けることを必要とします。YouTube風力発電の風車に暴風が吹きつけた時の動画があります。木っ端微塵です。かといって風が弱すぎてもダメです。それが風力発電です。

 

 

省エネとは言うが、まだまだ足りないのが実情です。そうなると原子力発電所を再稼働するかしないかの議論になります。

私としては原子力発電所について口出しはしません。

 

 

 

自転車はライトとサイクルコンピュータくらいにしか電気を使わないのでとても省エネですからみんなに乗って欲しいものです。

それではまた。

何故時代に遅れるニッポン!頑張れニッポン!

こんにちは

以前から私が若いからなのか? 経験不足なのか? 不思議に感じていたことがあります。この国は新しいことについて行きにくいということである。

 

高齢化社会との因果関係はわからないが、とにかく日本は新しいことが苦手すぎると身をもって感じる。あまり言いたくは無いがイライラの種だ。

 

  1. 電子機器
  2. 自転車
  3. マイクロモビリティ
  4. キャッシュレス

以上4つ挙げてみた。上2つは特段目新しくもなんとも思えないが、その二つでさえも残念なことに日本は遅れつつある。

 

 

まずは電子機器について考えてみた。

日本にもスマホタブレット、パソコンなどを販売するメーカーは存在する。しかしながら、従来の固定観念の強さを実感させられる事案が多くある。実にノートパソコンだ。海外ならAndroid搭載の2in1だったり、ChromeOS搭載のものが見られる。

 

日本は未だにWindows10から離れられない。スマホでもあるが、値段高い、動作微妙・・・ これでは海外勢に負けるのも無理ない。理由はあるだろうが、いい加減何とかならないものか?

 

 

自転車とマイクロモビリティについて

電動アシスト自転車は24km/hでアシストが切れる設計だとのことだが、ということは最高速度20km/hにして、尚且つ、加速度を電動アシスト自転車並にすれば、マイクロモビリティをわざわざ原動機付自転車という範疇にしなくても良いはず。

 

にもかかわらず、原付と同等の仕組みになっているのが不思議でならない。如何にも、政治家や関係者がお金を欲しいが為に改善が図られないかのように感じてしまうのは私だけではないはず。忖度か?

 

 

 

最後にキャッシュレスについて言及したい

私の知る限り、2003年(平成15年)頃に電子マネーが登場した。その際におサイフケータイが出たはず。私はまだ携帯電話を所持していなかったため、どういうものなのかは知らなかった。2008年(平成20年)に初めて交通系ICカードを手にした。2021(令和3年)1月10日現在ではAndroidスマートフォンにて交通系ICカードを利用している。

 

残念なことに、交通系ICカードは現在でも万能ではない。例えば、A店は駅前にあるので交通系ICカードは利用可能だが、B店は中心市街地と駅からも離れているために利用不可という事例を多く経験したために、現在はチャージ式のプリペイドカードをメインで利用している。プリペイドカードはクレジットカードのように使うことが可能であり、尚且つ、スマートフォンのシステムを使えば電子マネーやコード決済も可能である。

 

欲を言えば交通系ICカードにキャッシュレスを強化する仕組みを導入して欲しかった。

 

 

上記の私の嘆きを皆さんも考えてみてほしい。もし、携わっている方がこのブログを見ていたら参考にしてほしい。

これ以上書くととんでもない文字数になるので以上にします。

熟読ありがとうございました。

それではまた。

イケイケー!ニッポン!

年始雑記パート1

今さらですが、三が日はみなさん何をされていましたか?

私は眠ってばかりでしたが・・・

 

現代は。。。

個人店なら、お店を閉めようが閉めまいが自由ですが、チェーン店でなかなか閉めているお店は見かけませんね。

現代人は完璧を追求しすぎて余裕を無くしてきているのではと感じる日々です。本来であれば、年中無休だということは一部で良いはずなのに、少しでも不便を感じればそのお店は行く対象から外れてしまいます。ただでさえ人手不足なのに。

とはいえお金を稼ぐためにも開けないとやっていけないのも分かりますがね。

 

さて、現代的資本主義でこの先やっていけるのでしょうか? コロナ禍で浮き彫りになりました。私が先日書いたSDGsと現代的資本主義との相性

やはり調べてみると同様の考えのお持ちの方がいらっしゃるようです。

 

話が変わりますが、ブログを書いて評価してもらうだけで生きていければどれほど良いものでしょう?

もしかすると、今後、アメーバブログをやめてはてなブログだけでやっていくかもしれません。はてなブログやnoteは私のような人が表現をするのにうってつけのプラットフォームなのです。オールドメディアに代わって、世間の人々が再びブログでいろんな意見を出し合って、社会をより良い方向へ導いていければ最高ですね。

 

またまた話は変わって、ブログはタブレットで書くのが非常に便利です。スマホ社会ですが、フリック入力だけで長文を打っていくのは嫌です。。。 環境に応じて持っていくタブレットを変えています。今回はiPadです。前回はFire HD8とスマホです。

 

今年の本格始動です!

それではまた

ブログ書き初め

あけましておめでとうございます。

 

今日は1月2日です。

ことし最初の週末ですが、正直実感が湧かないのはお正月休みだからでしょう。三が日の真ん中になりましたが、自転車の走り初めは当分の間できなさそうな気候です。

 

悪い話は聞きたくない。

お正月早々悪いニュースなんて縁起でもないですよね? 一週間ほどの間は悪いニュースは見たくもないけれど、アプリが常駐している限り避けられません。いやいや、よくよく考えると、通知を消せば良いのではないのでしょうか。

 

昨年の今頃とは雰囲気が全く異なるのはコロナのせいでしょう。2020年代に入ってかつ、東京オリンピックの開催予定で盛り上がっていた昨年の今頃。今年は"から元気"。

 

本音を言うと現金給付をもう一度お願いしたいが、財政状況の関係でどうしても無理なのかもしれない。

私は専門家じゃないのでよくわからないが。

 

 

今年はみなさんにとって良い年になることをお祈ります。幸あれ!

それではみなさん、今年もよろしくお願いします!

それではまた。

2020年(令和二年)大晦日

私は当ブログを始めて間もないため、これを知っている方は数人だけでしょう。

今月の23日にはてなアカウントを取得してようやく一週間ほどです。Katze はドイツ語でして、日本語で 猫 です。

 

猫というとワイモバイルの名前は知りませんが、その猫を思い出します。今年はどれほどの猫の動画と写真を見たことでしょうか? 近くの公園にも猫がいっぱいいます。もはやその公園の名物ネコではないか?

 

 

メディアとSNSはこの世のうつし鏡というべきか?

テレビ離れとは聞くものの、Twitterのトレンドにはテレビ関係の話題が上がるのは確かだ。ハッシュタグでミヤネ屋があったのを見たことがある。宮根誠司さんがめちゃくちゃに叩かれている。私自身も宮根誠司さんはあまり・・・ やっぱり言わないでおこう

印象的なのはダイヤモンド号のこと。テレビを見て欲しいのは分かるが、無理やりテレビがないとダメだとか船内での情報提供全くなしに意見を誘導しないでほしいものです。

オールドメディアはやたらと ファクトチェック と言うけど、あなた達も情報を歪めて流しているのではないか? どの口が言うとはまさにこの事だ。

 

 

今年はキャッシュレス決済の普及を実感した年だった。

キャッシュレス決済非対応の自販機は、自販機じゃないと言ってもいいほどだと思うのは私がキャッシュレス主義だからこそ。現金は汚いという考え方がじわじわと広がっているようだ。完璧を目指すならPayPayなどを全ての場で使えるようにすべき。交通機関交通系電子マネー、買い物は流通系電子マネー、自販機はそれぞれ。何故、電子マネーができてから何年も経つのに未だに統一できないのか? この国はどうしてもアメリカのような国の圧力がかからないと変われないようだ。

QRコードも何年も前からあるのに最近になってようやく一般的に使用されるようになった。これも結局は外国の力ではないか? アメリカか中国の力か?

 

 

 

2020年(令和2年)はこれで終わりにします。2021年(令和3年)はどうしましょうか? 今年はわずか一週間ほどでしたが、当ブログをお読みいただきありがとうございました。

来年は良い年でありますように!

それではまた。

晦日

毎月の終わりは晦日といい、その年の終わりは大晦日という

 

今日12/30は晦日である

2020年も残り30時間と数時間しかない。コロナに翻弄され続けた一年であったことは言うまでもない。

亡くなられた方々にお悔やみ申し上げます。身近な人を亡くすのはとても辛いのは私もおととし経験したのでわかります。

有名人であろうがなかろうが、一つの大切な命であるのには違いない。自身、つい最近までは本当に命を絶とうとしていたけれど、マインドフルネス瞑想を見つけたお陰で自殺を踏みとどまることができた。もし、命を絶っていたらこのブログは存在しない。

 

本題の晦日という日について。

その月を見つめ直して、計画、行動、確認、改善をしていく日でもある。

今月は自身について見つめ直すことができた凄い時なんだと感じた。現在無職である。いつまでも親の脛をかじるような親不孝者ではあってはならないのです。手帳で自身の行動を振り返るようにしている。私は人に教えたり伝えたりするのがとても下手なのです。

ブログはその場その場ではないので熟考できる。ブログを書く理由はコレだ。

 

 

当記事の最後は午後8時すぎに書いたので、実際には今年の残り時間は30時間もない。

それではまた。